Home 毎日情報 • センチュリー世紀表匠心独运れたタブ芸

センチュリー世紀表匠心独运れたタブ芸

 - 

センチュリー世紀サファイアは硬度に次ぐダイヤモンドの硬い材質、莫式10级硬度で9位、ただ他のコランダムやダイヤモンド侧はその表面に傷を殘して。センチュリー世紀サファイア適度、毎日も快適装着感じる自在。高い倍数ルーペ点検、センチュリー世紀サファイアキズや汚れがない色、向き合っジュエリーマスター夢の完璧な。優れた硬度と清浄性を確保するため、センチュリー世紀サファイア以下に新しい永遠の美。受け継がれる中で、本にずっと鮮明で美しい色に輝き、昔のまま。

 
センチュリー世紀表を持って世の中の最も復雑精密サファイアのケース。ケースごとには正確で手作り琢面と繊細さを研磨など完璧な技術、補佐ダイヤモンドカットツールでスイス工房が数日で作成し。すべての職人は工房で習得スキル、こんなに才能を身につけて熟練センチュリー世紀サファイアケースの制作技術、専門技芸師弟相伝し、優良な伝統が流れ、藍より青し。専門チームを追求してきた完璧な仕事の態度を持つので、切工と磨き過程の中のいかなるミスを補うでなくって。

Author:admind