Home 毎日情報 • 天津市体育博物館コレクション全運の記念時計と貢の硯

天津市体育博物館コレクション全運の記念時計と貢の硯

 - 

第13回全運会の足音が近づいてはち月じゅうななじゅうしち日、天津市スポーツ博物館も迎えた全運会をテーマにした新コレクションは、天津カモメのビジネスグループと郭氏貢硯じゅうななじゅうしち代、じゅうはち代継承者それぞれ博物館に寄贈した全運会記念時計や貢硯、パワーアシスト天津全運会。

 
カモメのビジネスグループは天津の有名な老舗に伝統的な企業を採用して、彼らは先進的な技術技術、制作に全運会の男女の腕時計。男性は中心に「津軽」という全運がエンブレム、女子は中心を「草津」マスコットパターン。盤面デザインセンスの源于全運会の陸上競技場、文字盤のへりに丸と標準目盛りちょうどグループ「スタンド」、内側に伸びた同心円構成数条の滑走路」。秒針の末端は走る選手のシルエット。指針に回す時、全運会競走スポーツシーンのイメージを再現し、完璧な解釈は速度と激情の動感の時。

 
また、天津市スポーツ博物館に収蔵貢硯は刻まれているが中国伝統文化を象徴する「竜」について、「より速く、より高く、より強くのオリンピック精神。

Author:admind