Home 毎日情報 • 崑崑表:鋭意革新、力は完璧です

崑崑表:鋭意革新、力は完璧です

 - 

Corum(コルム)時計工場は1955年設立以来、すなわちその伝統の勇気を突破し、鋭意革新力臻完璧で、わずかよんじゅうも定評が世界で最も活気の時計メーカー。「万物の表」で腕奇珍黄金製時計は新鮮だが、金貨や金塊製造はコルムのオリジナル。昆崙金貨シリーズクオーツ時計「ゴールドCoin Quartz」全て未使用の種類は非常に多い金货をアメリカ金貨を例に、$。ご、ごじゅう$$$、、にじゅう共よんしよ種の額面。

 
そして金塊シリーズ「ゴールドを採用しLngot Quartz」より9999標準記大金で一緒5GR、10GR、15GR共さん種。加えて、金貨や金塊の大胆な試み、1989年コルム工場はまた再度驚嘆の採用の探検家避利オアシス「Greenland”見つかった「開普约克」「Cape隕石York」をタブ材料開発避利隕石表「Peary Metoeorite」、因材材料数量限定で、同シリーズ表も限定製造、わずか900だけ、すべてのすべての番号、背中に刻まれて表も銘とこの隕石地帯の経緯度。

 
1958年、世界の高級時計コルム世界史に書いてと1ページに発売した「――破天荒刻字の表面」、つまり除時、分2針のほか、だけでじゅうに時点位放置金メダル鍵標記と「Corum」と表示され、他の数字を避ける。この試みは、単に当時表壇に莫大な沸き返るよう、今でも、依然として時計設計上の大主流。

Author:admind