Home 非常に重要な情報 • セイコーAnanta「武士の刀」

セイコーAnanta「武士の刀」

 - 

日本刀を忘れられない人はその鋭い切っ先が光る片面刃のと、日本の鍛造刀も自ら一派をなすに代わって人類金属加工プロセスの徹底追及。2009年、セイコースイスバーゼル高揚で発表したAnantaシリーズで、この名前の由来は、武士の刀は「Katana」の英語の発音が、この言葉はサンスクリット語の「無限界」の意味で、新たなセイコー頂点を暗示している製品のシリーズの誕生。

 

 

Anantaのケースを採用した武士刀と同じ「3段階研磨技術」として、日本制刀大師の後代の人まで手がける針加工プロセスの改善に与えられたこのシリーズ、腕時計を切り裂く空気の稜線の極みと鋭い光効果で、それの自動振り子陀の造型と磨き技術武士の刀とガード盤異曲同工。また、セイコー傘下のハイエンドの8Rシリーズポスト輪クロノムーブメント、「七宝焼き」エナメルダイヤルは、SpringDrive掃除秒ムーブメントなどにも次第に豊かになったAnantaシリーズの機能やデザイン、トップのセイコーウオッチもうは控えめな外観は、男の最も忠実なそれを刃。

Author:admind