Home 毎日情報 • 偏心皓月あいさつの美学

偏心皓月あいさつの美学

 - 

非対称の達成した文字板デザイン偏心月相腕時計調和精妙な文字板デザイン、「心ができる」偏心月相腕時計を針位置は同じデザイン文字盤左側の縦軸に符合して「黄金分割極緻の美学の精神。に時の方向の三日月レリーフ月相損益を示している、よんしよ時の方向の大カレンダー窓日程の流れ簡単させ、読み、全体の文字盤配置至臻から美、人の目が座る。配は白の男性偏心月相腕時計、この中国の情人の佳節造営カップルの間の微妙な喜びと暗黙の瞭解。

 
女性に人気のピンクが付与された甘い優しい印象、その低飽和の色が伝えている女性の柔らかさ、めったにマイナスの感情、無数のピンクの経典作品の誕生。例えば抽象芸術の大家ペガソ芸術、彼は人生の中で最も幸せな時期は「ピンク期」として、彼は自分の選択を楽しみにピンクの心の気持ちを表現する。今年の七夕と違う、ゲーラ苏蒂オリジナル発売の中国独占「心ができる」偏心月相腕時計、「心」の粉を伝える幸せに楽しみにあこがれた態度。

Author:admind