Home 毎日情報 • 形Curviplan鋭いモバード

形Curviplan鋭いモバード

 - 

モバード創造革新的なムーブメントを搭載していたのPolyplanシリーズは、3つの異なるムーブメントの表面組成と同じ、殻のたわみ良好に手首の弧度を配合した、(Ployplan)としてCurviplan Novoplanの前身で、数十年時代の前に端を保つ。にじゅう世紀までさんじゅう年代初期、Curviplanシリーズも追随手首の弧度を除いて、一重ムーブメントとPloyplanシリーズより一定の傾きを呈し、あいにく大恐慌の時期に、Curviplan無理矢理頂プレッシャーはずっと生産から1940年。

 
腕時計形状から時を採用してじゅうに矩形標的設定時位の2つの赤い矩形時間尺度より純黒文字盤とは対照的に加えて、精緻な指針、やっても生き生きとして全体の盤面。今たとえだけでなく、当時からそのサイズもあまり多くない大(約31 mm)が、それでも、1930年にそれは甚だしきに至ってはできるとと名乗って(当時)フィリップに比べて肩になったし、1種の服装のこだわりの存在。

Author:admind