Home 毎日情報 • 「花言葉風の歌」:真の自然の美しさ

「花言葉風の歌」:真の自然の美しさ

 - 

自然は輝く万物を育むが、いつまでも最初の真実を保つことができる。「花言葉風吟」はまさに自然からのインスピレーションの贈り物のように、ダイヤモンド、一枚の珠貝、1本のユリは、それらを持って一番純潔の本質は、融合デザイナーのアイデアと巧思となれ間の最も美しいきらきら光る汗。経典の円形の外見圏を選択して使用しては高貴で柔らかなピンクゴールド、じゅうく粒の大きさのダイヤモンドのように直列にまちまち露のように、たとえ最も暗い光も映し出された魅力的な光彩。朝露に包まれ、真珠バイモ文字盤。職人は詩的な筆緻、文字盤に出られぬ自然のはっきりした花びらライン、目の間、まるで仏手にあの本の花は、自然の潤色無限の静けさと安閑。

 
自然の魅力はもちろん落ち着いているだけでなく、さらに変化がある。「花言葉風吟」を持つひらめきパンパン開く外見圏。時間を調整する時、うわべの輪をかすかに上げて、そっと表の冠を回して、たちまち間、光は流れて、時間も流れます。表圏を合わせ、つぼみのような表冠に包まれ、花葉のような針が回転し、時間は静かに流れ、すべてが静かになる。「花言葉風吟」採用パンパン光エネルギー技術は、任意の可視吸収光源を駆動腕時計として、世間の光と影は変幻万、指針の動きはあっさり止む。時の転換の間に、技術と美の融合が発揮されている。

Author:admind