Home 毎日情報 • 宝詩竜の透かし彫りのハチの鳥はロマンチックに飛ぶ

宝詩竜の透かし彫りのハチの鳥はロマンチックに飛ぶ

 - 

フランス語の中でAjour E eの元義は「透け」で、宝詩竜(Boucheron)は、1885年制作の骨董表を啓発を通して3 D立体彫刻されたAjour e彫りシリーズの腕時計。その中の1項の技法を透かし彫りの文字盤が浮き彫りにハチドリ舞うかたち、外輪立体ジュエリーの裏に使用ブランド特有の巢留空象眼技巧をはめ込むハチドリの身のカラーにコランダムとダイヤモンド最多光反射。18金のバラベゼルには266粒アップリケた漸層色ダイヤモンド、そして背中に刻まれた「表もフランス語Je Ne Sonne Que Les Heures Heureuses(私ただ楽しい時間を数えて)」と書かれ、ロマンチックに冷め。

Author:admind