Home 毎日情報 • HermS集皮工芸表

HermS集皮工芸表

 - 

Hermesの工芸表は、完全に豊かで、純論工芸の広さ、多くのブランドは敵に匹敵することができ、手頃で、赤絵、漸変エナメル、ベナのマイクロ絵エナメル、ラクダのピスのマイクロ絵、水晶のガラスの千花の象眼などがあって、多くの芸はすべて愛馬によって表壇に持ち込まれて、他には彫刻やエナメルなどがあります言うまでもない。

 
2012年には、エマサは、マスカットの細部を見込むための潜在力を見込んでいます。麦わらの細手で、潤いの表盤を象眼して、線の硬く、幾何学の図案を作っています。最近、彼らは新しいアイデアを持っていて、直接代表的なマスタードの革を使って、リーディングマークリーの表盤を作って、意外にも表壇の破天荒な試みである。実は考えてみても正しいで、表壇を目にして、革の色沢のテクニカルに対して深いことを認識して、誰が大胆に愛馬役に勝ることを誇っていますか?革の細部を先頭に切り開いて、表の上の革の裁縫をするのが最適な人です。

 
wilherマークリーとは異なり、リーディングマークリーは先天的な優位性があり、裁断を経て、小牛の皮はより滑らかな輪郭になることができ、硬橋の硬馬の小木の塊とは少しずつ違う。革の細手の象眼技術を搭載した新表は2つがあり、その1つはアルクエムCau Cau Cau Cau、直径4 1 mm、内蔵H 1837自動機軸、表面はエマサ赤、火炎オレンジ、マーナードの花の花弁、限定6枚、第2項はSim d ‘ Hermes Les ZBres de Tanzanian、シマウマは革の細部に限られている手縁は独力で支え、内には微絵エナメルに合わせて虹を描く。同じく白金製のケース、直径45 mm、H 50自動機コア、限定12枚。

Author:admind