Home 毎日情報 • Richer Mille RM 5 – 01ブルー宝石水晶ドッカを鑑賞する

Richer Mille RM 5 – 01ブルー宝石水晶ドッカを鑑賞する

 - 

RichardMilleは、透明なブルーサファイア水晶機板を使用して、手動のチェーンスクラップの車体全体を支え、RM 56 – 01に明るい外観を持ってきました。この機軸は時間と分で表示されています。11時と2時の位置には、動力貯蔵表示とねじ付けのインジケータがあり、4時位置には機能セレクタがあります。このチタンの金属のコアの中で極度の透明性の追求を追求して、表工場の技師はブルーの宝石の水晶で中央の橋の板と第三輪の決心を作ることを激励して、中央の橋の板の表面は紋様があって、一方では明らかに強度を増加させて、一方でも重さを大いに軽減させます。サファイア水晶とチタン金属によって製造されたRM 56 – 01の機軸は、激しい温度変化を受けて摩擦を禁じ得ていて、驚くべきカウントダウン性能の安定度を持っている。

 
3部分で構成された表殻インスピレーションはRM 056表の輪から来て、主の表板と底の蓋などの各部品はすべてブロックのブルーの宝石の水晶から刻んで作ります。40日の24時間休まずに加工しなければならなくて、それで達成するのはいかなる外在的構造によって組み立てることができない表殻を必要として、その上また特別にRM 56 – 01のコンピュータの補助工事の加工設備を加工するのに使う必要があります。すべての青色の宝石の水晶の部品はすべて1人の深い暗い材料の専門家のstettlerさんで、スイスのLyssで完成します。表の殻は完璧に腕を張って、R M 56 – 01の機軸は24本のチタンの金属のレースのねじを組み立てて、そして透明なディニトリルゴムの0型の輪を持っていて、防水の深さは30メートルに達します。

 
バンドのデザインは透明度を極めて極致になります。Biwi SAは、RichardMilleとのコラボで、Aerople nano®という新しい素材を開発し、ナノテクノロジーを利用して作られた透明性と忍耐力がある。Aerople nano®の製造過程の中のナノ加固は時計界を挙げて挙げて、その弾性と水の特性はより柔らかい触感と絶好の快適さを増している。RM 56 – 01のバンド自体は、素材の古典的な運用です。

 

 

http://www.watchmarket1688.top/

 

 

Author:admind